本品は獣医師様及び日本税関で止められた際、ご自身で通関手続きが可能な方、もしくは弊社による通関手続き代行料として別途3900円(数量6点まで)をお支払い頂いたお客様のみに発送致します。

(1)獣医師様は、日本税関で止められましても、通関手続きなし(フリーパス)で問題なく商品がお受け取りできます。

(2)獣医師様以外の方は、税関で止められた場合、通関手続きが必要になりますが、手続きをされることでお受け取りが可能です。獣医師様以外のお客様がご自身で税関対応される場合は獣医師様発行の処方箋が必要になります。

(3)獣医師様以外のご自身での税関対応が不可のお客様には手続き代行料として別途3900円(数量6点まで)をお支払い頂きましたら、弊社側で手続き代行し、お手元にお届け致します。

<備考>

(1)、(2)に該当するお客様に関しまして税関対応・通関手続きの具体的な方法は、日本税関で止められた場合にご連絡差し上げます。

(3)に該当するお客様に関しましてはご注文後、自動送信で送られてくる確認メールに「税関対応依頼」と記載し、返信頂ければ、こちらから改めてご連絡差し上げます。

詳細はこちら→注射液のご注文につきまして。

(商品説明)

有効成分:マレイン酸アセプロマジン10 mg/ml。 

鎮静薬であるフェノチアジングループの神経弛緩薬。

鎮静は、外的要因に対する感受性の低下から成ります。この作用は、中枢神経系のさまざまなレベルのドーパミン作動性受容体を遮断することを目的としています。

中枢神経系の興奮を減らすことによって落ち着きと筋弛緩効果を促すとともに、低体温、降圧、抗ヒスタミン、副腎溶解、鎮痙、制吐作用があり、睡眠薬と局所麻酔薬の効果を加速させ強化します。


静脈内投与した場合、薬物の作用は5〜8分後に見られ、筋肉内投与した場合、15〜25分後に見られます。鎮静効果は最大1時間持続します。


非経口投与すると、マレイン酸アセプロマジンはすべての組織にすばやく浸透します。

薬物の活性物質は親油性化合物に属し、大量の分布と血漿タンパク質(最大90%)、特にアルブミンへの高度な結合を持っています。体内に入ると、アセプロマジンはすべての臓器や組織によく分布します。

マレイン酸アセプロマジンは肝臓で代謝され、主にグルクロン酸代謝物として尿中に排泄されます。

 

(使用法)

この薬は、馬、犬、猫に、主麻酔薬の導入の15〜20分前に手術前の前投薬、痛みを和らげ、検査や輸送の前に攻撃的な動物を落ち着かせるために、鎮痙薬として使用されます(馬の場合)。

 スタリオンと猫は筋肉内にのみ、使用は1回限定で、ゆっくりと静脈内または筋肉内に深く注射します。

動物別の薬剤の投与量は以下を参照。

馬:ゆっくりと静脈内投与:0.05-0.06ml/10kg

       筋肉内注射の奥深く:0.05-0.1ml/10kg

 

犬:ゆっくりと静脈内投与:0.05-0.1ml/10kg

       筋肉内注射の奥深く:0.2-1ml/10kg

 

猫:筋肉内注射の奥深く:0.5-1ml/10kg

<禁忌>

薬物に対する動物の過敏症。

肝臓、心臓、肺機能異常、糖尿病、妊娠中の雌の動物には使用不可。

有機リン酸塩(殺虫剤)と一緒に使用は不可。

局所麻酔薬と一緒に使用は不可。

低体温症、低血圧、大量の失血を伴う出血の場合には使用しないでください。

ストリキニーネ中毒には使用しないでください。

過剰投与は避けてください。

低血圧の症状は、過剰投与の場合に発生します。

過剰投与の場合は、症候的な対策が取られます。

解毒剤として、α-副腎模倣薬と呼吸性呼吸薬の使用が推奨されまています。

 

<使用上の注意 >

ゆっくりと静脈内投与するのが基本です。

急速な投与は心不整脈を引き起こす可能性があります。

スタリオンは、通常2時間まで続き、治療を必要としない陰茎脱出の可能性があるため、最小用量を観察しながら、筋肉内にのみ薬剤を使用することをお勧めします。陰茎脱出が24時間以上続く場合、獣医の診察、指示を仰いで下さい。

この薬には鎮痛効果はまったくありません。痛みを和らげるために追加の鎮痛薬を使用する必要があります。

グレイハウンド、大型犬、ボクサー、その他の短頭犬の代表者など、一部の犬種の薬物に対する感受性の増加を考慮する必要があります。投与量を増やしても鎮静効果が長くなることにはなりません。

 食用を目的とした動物には使用しないでください!

保管は40〜77°F(4〜25°C)の乾燥した遮光された場所。

バイアルから最初に取り出した後、残りの溶液は、家庭用冷蔵庫に保管した場合、30日以内に使用する必要があります。

徐脈、気道の狭窄、体温のわずかな低下の可能性のある現象。急速な投与中に、心不整脈が発生する可能性があります。

持続勃起症と陰茎脱出症(時には永久的な麻痺につながることもあります)。

保管は40〜77°F(4〜25°C)の乾燥した遮光された場所。

バイアルから最初に取り出した後、残りの溶液は、家庭用冷蔵庫に保管した場合、30日以内に使用する必要があります。

 

(使用期限)

ご注文日より1年以上有効のもの

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

We are going to ship this item only to vets and orderers who go throug costoms if the parcel is stopped by Custom.

(1)Vets can receive this item without any procedure.

(2)Orderes who are not vets need to make customs clearance procedures and they need a prescription issued by a vet.

50 ml ( Acepromazine maleat ) is used for horses, dogs, cats for premedication before surgery, to relieve pain, calm aggressive animals before examination and transportation of an analogue PromAce

Description :
Transparent yellowish solution.

Composition :

1 ml of the drug contains

active ingredient :

Acepromazine maleate – 10 mg

Pharmacological properties :

ATC-vet classification code: QN05AA04 Acepromazine.

Acepromazine maleate is a neuroleptic of phenothiazine group, sedative drugs. Sedation consists in reduction of sensitivity to external factors. The action is aimed at blocking dopaminergic receptors of different levels in the central nervous system.

Its application in the form of 1% solution for injection provides a calming and myorelaxing effect by reducing the excitation of the central nervous system.
At the same time the drug has hypothermic, hypotensive, antihistamine, adrenolytic, antispasmodic, antiemetic action, accelerates and enhances the effect of sleeping pills and local anesthetics.
When administered intravenously, the action of the drug is seen after 5 to 8 minutes, and when administered intramuscularly – after 15 to 25 minutes. The sedative effect lasts for up to one hour.
When parenteral administration acepromazine maleate quickly penetrates into all tissues.

The active substance of the drug belongs to lipophilic compounds, has high volume of distribution and high degree of binding to blood plasma proteins (up to 90%), especially to albumins. Once in the body, acepromazine is well distributed in all organs and tissues.

Acepromazine maleate is metabolized in the liver and excreted in the urine, mainly as a glucuronic acid metabolite.

Application :

The drug is administered to animals for premedication before surgical intervention 15-20 minutes before the main anesthetic, pain relieving, as sedative for aggressive animals before examination and transportation, spasmolytic – for horses (in case of spastic colic).

Method of administration and dosage

The drug is used once, injected slowly intravenously or deeply intramuscularly, for stallions and cats only intramuscularly.

Doses of the drug for various animal species are shown in the table.

Animal Spieces    Method of Administration Dose,     ml/22lb(10kg) of body weight

Horse                   slowly intraveniously                                    0.05-0.06

                             deep into intramascular injection                 0.05-1

Dogs                    slowly intraveniously                                   0.05-1                             

                            deep into intramascular injection                0.2-1

Cats                     deep into intramascular injection                0.2-1

Indications :

The drug is used in horses, dogs, cats for premedication before surgery 15-20 minutes before the introduction of the main anesthetic, to relieve pain, to calm aggressive animals before examination and transportation, as an antispasmodic (for horses).

Contraindications :

Hypersensitivity of the animal to the drug.

Do not use in animals with liver, heart, lung function abnormalities, diabetes, and pregnant females!

Do not use together with organophosphates (insecticides)!

Do not use together with local anesthetics!

Do not use in case of hypothermia, hypotension, bleeding with significant blood loss!

Do not use in intoxication with strychnine!

Overdose (symptoms, emergency measures, antidotes)
Avoid overdose!

Symptoms of hypotension occur in case of overdose.

In case of overdose symptomatic measures are taken.

As antidotes, the use of a-adrenomimetics and respiratory analeptics is recommended.

Caution :

Slowly administered intravenously!

Rapid administration can lead to cardiac arrhythmia. Stallions are advised to use the drug only intramuscularly, observing the minimum dose, due to possible penile prolapse, which usually lasts up to 2 hours and does not require treatment. If penile prolapse lasts more than 24 hours, the animal needs the help of a veterinarian.

The drug has no analgesic effect at all, an additional analgesic should be used for pain relief.

It is necessary to take into account the increased sensitivity to the drug of some breeds of dogs, namely: greyhounds, dogs of large breeds, boxers and other representatives of brachycephalic breeds. Increasing the dose does not lead to prolongation.

Side effects :

Possible phenomena of bradycardia, constriction of airways, slight decrease in body temperature. During rapid administration, cardiac arrhythmia may occur.

Priapism and penile prolapse in stallions (sometimes leading to permanent paralysis).

Withdrawal period :

Do not use in productive animals!

Storage :
Dry, light-protected place at 40-77F (4 to 25°C).

After the first withdrawal from the vial, the remaining solution must be used within 30 days, provided that it is stored in a domestic refrigerator.

Shelf life is 2 years.

For use in veterinary medicine!

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

マレイン酸アセプロマジン10mg/ml,50ml注射液(Acepromazine10mg/ml,50ml incection)

  • 品番: 7
  • 在庫: 在庫あり
  • ¥9,500