本品は獣医師様及び日本税関で止められた際、ご自身で通関手続きが可能な方、もしくは弊社による通関手続き代行料として別途3900円(数量6点まで)をお支払い頂いたお客様のみに発送致します。

(1)獣医師様は、日本税関で止められましても、通関手続きなし(フリーパス)で問題なく商品がお受け取りできます。

(2)獣医師様以外の方は、税関で止められた場合、通関手続きが必要になりますが、手続きをされることでお受け取りが可能です。獣医師様以外のお客様がご自身で税関対応される場合は獣医師様発行の処方箋が必要になります。

(3)獣医師様以外のご自身での税関対応が不可のお客様には手続き代行料として別途3900円(数量6点まで)をお支払い頂きましたら、弊社側で手続き代行し、お手元にお届け致します。

<備考>

(1)、(2)に該当するお客様に関しまして税関対応・通関手続きの具体的な方法は、日本税関で止められた場合にご連絡差し上げます。

(3)に該当するお客様に関しましてはご注文後、自動送信で送られてくる確認メールに「税関対応依頼」と記載し、返信頂ければ、こちらから改めてご連絡差し上げます。

詳細はこちら→注射液のご注文につきまして。

(商品説明)

オキシトシンを有効成分とする注射剤(有効成分1ml中10オキシトシン単位)。

獣医学で使用するためのFDA承認注射用ホルモンであり、子宮収縮作用、乳汁射出作用をもたらします。生体内では脳の視床下部で生成合成され、下垂体後葉に貯蔵、吸入刺激や分晩時の子宮頚部、膣の伸展などの刺激に応じ、血中に自然放出されます。

オキシトシンは、ナトリウム分子が子宮の筋肉を通過する能力を高めます。この効果は、子宮を収縮させ、出生時に胎児を産道に移動させるのを促進します。

主な用途は、収縮が弱い動物または無収縮の動物において分娩を誘発することであり、。この薬剤は、胎児の娩出時に子宮収縮を増強します。

また、子宮内に残っている残りの胎盤残留物をを排出させる際にも使用され、その後のmetritisの発症を防ぎます。

 

主な効用は以下の通り。

馬:陣痛微弱

牛:陣痛微弱、子宮脱、胎盤停滞、ミイラ変性胎児の排出、射乳促進

豚:陣痛微弱、射乳促進

犬:陣痛微弱

猫:陣痛微弱

<ヨーロッパ製>

 

(使用法)

1日1回1頭当たり下記の量を静脈内、筋肉内、または皮下に注射します。

牛・馬:30~60単位(3-6ml)

豚:20~30単位(2-3ml)

犬:5~10単位(0.5-1ml)

猫:2~3単位(0.2-0.3ml)

・より迅速な対応が必要な場合は、ブドウ糖の溶液と一緒に注入することが可能です。その場合、オキシトシンの投与量は30%削減して下さい。

・使用は必ず獣医師の指示、監督下で使用して下さい。

<使用上の注意>

・オキシトシンに対す過敏症が認められる場合は使用を中止して下さい。

・オキシトシンは、胎児の不適切な配置が原因の分娩活動が乱れている動物には使用は現金です。

・オキシトシンを分娩前に投与する場合は、通常の方法で頸椎の弛緩を待つか、エストロゲンを分娩前に投与する必要があります。

・子宮頸部が弱く開いていたり、胎児の位置が正しくない状態で使用しないでください。

・必要な場合にのみ静脈内に使用し、非常にゆっくりと投与してください!

・心臓血管系の病状(血圧の低下)の可能性がある動物、および腎臓の病状(抗利尿作用のため)の動物には、注意して(特に静脈内投与する場合)本剤を投与してください。


(使用期限)

ご注文日より1年以上有効のもの

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

We are going to ship this item only to vets and orderers who go throug costoms if the parcel is stopped by Custom.

(1)Vets can receive this item without any procedure.

(2)Orderes who are not vets need to make customs clearance procedures and they need a prescription issued by a vet.

Oxytocin 10iu/ml, 100ml

Composition

1 ml of the preparation contains

the active ingredient:

Oxytocin – 10 IU.

Pharmacological properties:

Oxytocin is a hypothalamic hormone consisting of a pentapeptide cycle and a side chain of three amino acid residues, which accumulates in the posterior pituitary fraction of the pituitary gland. It increases the permeability of sodium to uterine myofibrils, stimulating its contraction. The threshold of uterine oxytocin-induced contractions of the uterus decreases during pregnancy, at high estrogen levels, or if the animal has already begun childbirth.

Oxytocin decomposes in the gastrointestinal tract, so it should be administered parenterally. After administration of the drug is observed after 3-5 minutes.

Application:

The drug is used for females of domestic and farm animals (cows, mares, sheep, goats, sows, bitches, cats) to stimulate or strengthen uterine contractions during childbirth (in case of uterine hypotension and atony), to treat postpartum postpartum postpartum retardation, as part of comprehensive metrite therapy, to accelerate uterine involution after childbirth, as well as to stimulate milk yield in agalactia; for uterine bleeding; to free mammary glands from milk or inflammatory exudate in the treatment of mastitis.

Dosage:

The drug is administered intramuscularly or subcutaneously once in doses:

cows, horses – 3-6 ml (30-60 units) per head;

Sheep, goats – 1-1.5 ml (10-15 units) per head;

Sows – 2-3 ml (20-30 units) per head;

dogs – 0.5-1 ml (5-10 units) per head;

cats – 0,2-0,3 ml (2-3 units) per head.

If it is necessary to react more quickly, it is possible to inject glucose together with the solution of glucose. The dose of oxytocin is reduced by 30%.

Contraindications:

Hypersensitivity to oxytocin.

Oxytocin is contraindicated in animals with a discoordinated labor activity that occurs against the background of improper placement of the fetus. If oxytocin is administered before delivery, cervical relaxation should be waited for in the usual way or estrogen should be administered before delivery.

Cautions:

Do not use with analogue drugs.

Do not use with a weakly opened cervix or incorrect position of the fetus.

Intravenously use the drug only if necessary and administer it extremely slowly!

Apply the preparation with caution (especially when administered intravenously) to animals with cardiovascular system pathology due to its possible effect on it (decrease in blood pressure), as well as to animals with kidney pathology (due to the antidiuretic effect of the preparation).

Storage

Dry, dark place or refrigerator at temperature from 37-53F (3 °С to 12 °С).

Shelf life – 2 years from the date of manufacture.

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

オキシトシン10iu/ml, 100ml/Oxytocin 10iu/ml, 100ml

  • 品番: 1
  • 在庫: 在庫あり
  • ¥11,900