(商品説明)

鳥類の水中用完全駆虫剤。

有効成分:組成レバミゾール塩酸塩10mg / mL、プラジカンテル2mg / mL。

レバミソールの主な作用機序は、神経筋接合部のコリン作動性受容体に作用し、寄生虫を麻痺させることです。レバミソールは、フマル酸還元酵素を阻害し、グルコースのグリコーゲンへの取り込み速度に影響を与えることも示されています。

プラジカンテルは非常に特異的な殺虫剤であり、グルコースの取り込みを阻害し、乳酸の放出を促進することによって作用します。サナダムシは即座に死滅します。

効能・効果

観賞用かごの中の糸状虫、糞便虫、回虫、ガップ虫、砂肝虫および条虫の駆除。

 

(使用法)

用量 1~5mLになるようにシリンジで水と一緒に作り、投与します。

食物に直接刺した作物針またはチューブを用いて、アビトロールプラスシロップをシリンジで投与することができます。食物針またはチューブが正しく設置されていることが確認できない限り、食物に液体を投与しないでください。

水20mLに対して薬剤溶液0.5mL(12滴)滴下、または計算上、水1リットルに対して薬剤溶液25ml滴下したものを24時間有効の唯一の飲料水として使用し、種にかけて投与します。

その後、新鮮なきれいな水に取り替える。溶液は投与前に新しく作り直す必要があります。14 日間これを繰り返し、その後はまた新鮮な溶液で繰り返すか、獣医師の指示に従ってください。

 

平均体重30 g、液体摂取量5 mL/日に基づいて、40 mg/kg体重の投与が可能になります。

夏場は水分の消費量が2倍以上になる可能性があるため、投与量を減らす必要があります。

適切な飼育管理 これらの寄生虫の管理には、飼育場を清潔にする必要があります。

再寄生を防ぐために、衛生管理を徹底し、湿気のない環境で飼育してください。

最初の投与から48時間後に鳥を清潔なケージに移し、古いケージを十分に洗浄・消毒するのが理想とされています。

外部からの感染を防ぐため、鳥が中間宿主(バッタ、ゴキブリ、ミミズなど)に接触するのを防いで下さい。野鳥はその糞で鳥小屋に感染源になることがあります。

 

<禁忌>

・レバミゾールに敏感な反応を示す鳥類の種や同系統への投与。コキンチョウでの使用は推奨されていません

・オウムはハトと比べるとレバミゾールに対する耐性が低いと考えられています。極端に暑く乾燥した天候で投与したり、ストレス状態の鳥や幼鳥には投与しないで下さい。

・人間が飲み込むと有害です。目や皮膚に触れないようにしてください。使用後は手を洗ってください。

・副作用には、逆流嘔吐(有害とはみなされない)、協調運動障害、脚および翼の不全麻痺が見られる場合があります。

・投薬後2日以内に鳥の死亡した場合は、大規模な回虫の侵入による閉塞が原因であると考えられます。

・食用動物としての差し控え期間:7日間

 

(使用期限)

ご注文日より1年以上有効のもの

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Avitrol Plus Bird Wormer

Composition Levamisole hydrochloride 10 mg/mL, praziquantel 2 mg/mL.

Avitrol Plus is a complete in water allwormer for birds. Water dosage is ½ ml per 20mls of drinking water, given fresh every 24 hrs, or 25 ml per litre of drinking water. Take all other source of drinking water out of the cage.

Registered Name Avitrol Plus Praziquantel Bird Wormer Syrup Concentrate

Actions Anthelmintic. The major mode of action of levamisole is on the cholinergic receptor of the neuromuscular junction, causing paralysis of the parasite. Levamisole has been shown to inhibit fumarate reductase and to affect the rate of incorporation of glucose into glycogen.

Praziquantel is a highly specific cestocidal drug that acts by damaging the tegument, inhibiting glucose uptake and stimulating lactate release. Tapeworms are destroyed in situ.

 Indications Threadworm (Capillaria sp.), caecal worm (Heterakis sp.), roundworm (Ascaridia sp.), gape worm (Syngamus sp.), gizzard worm (Acuaria sp.) and tapeworm (Raillietina sp.) in ornamental cage birds.

 

Contraindications Administration to species or strains of birds known to be sensitive to the effects of levamisole. Not recommended for use in Gouldian finches.

Precautions Parrots appear to be less tolerant than pigeons to levamisole. Do not dose in extremely hot, dry weather or treat stressed birds, or birds that are feeding young.

Safety directions. Harmful if swallowed. Avoid contact with eyes and skin. Wash hands after use.

Withholding Periods Meat. 7 days.

Adverse Reactions Side effects include regurgitation (which is not considered to be harmful), incoordination, leg and wing paresis. Deaths of birds up to 2 days after dosing have been attributed to obstruction from massive roundworm infestation.

Dosage and Administration Make up dose to 1 to 5 mL with water in a syringe.

Crop administration. A crop needle or tube placed directly into the crop can be used to administer Avitrol Plus syrup by syringe. Do not administer any liquid into the crop unless you are confident that the crop needle or tube is correctly placed.

Diluted in drinking water. 0.5 mL (12 drops) to 20 mL of water or 25 mL/L. Use this as the sole source of drinking water for 24 hours and feed only seed, then replace with fresh clean water. Solution should be freshly made up before dosing. Repeat in 14 days with fresh solution, or as directed by a veterinary surgeon. This provides a dose of 40 mg/kg bodyweight based on an average bodyweight of 30 g and liquid consumption of 5 mL/day. In summer the dose should be reduced to account for increased water consumption, which may be double or more.

Good husbandry practices. Zone control is important in the management of these worm parasites. To prevent re-infestation, practise good hygiene and sanitation and eliminate dampness. Ideally the birds should be moved into a clean cage 48 hours after initial treatment and the old cage thoroughly scrubbed and disinfected. To prevent infection from the outside, prevent birds having access to intermediate hosts, e.g. grasshoppers, cockroaches and earthworms. Wild birds can infect the aviary with their droppings.

レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

アビトロールプラス25ml/Avitrol plus 25ml

  • 品番: 5
  • 在庫: 在庫あり
  • ¥4,900